メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

余録

広島出身の画家、丸木位里さんは…

[PR]

 広島出身の画家、丸木位里(まるきいり)さんは故郷への原爆投下を知った数日後、妻の俊(とし)さんと現地へ駆けつけた。2人はそこで目にしたものや証言を基に絵画制作に取りかかる。全15部に及ぶ連作「原爆の図」だ。完成に30年以上の歳月を要した▲連作の中に「米兵捕虜の死」という作品がある。太平洋戦争末期、旧日本軍の捕虜になった米兵12人が被爆し、亡くなったとみられている。この作品は今も原爆の一断面を伝え続ける▲その米兵はなぜ広島にいたのだろうか。どんな人たちだったのか。自身も被爆者の森重昭(もりしげあき)さんは埋もれた事実を40年にわたって調べてきた。「原爆の犠牲者に国籍は関係ない」と思ったのだ。死没者を特定し、遺族らと交流を重ねた。今年5月にオバマ米大統領が広島を訪問した時、森さんは長年の苦労を大統領にねぎらわれ、抱き合って涙を流した▲日米の真の和解とは--。夏ばかりでなく、そう考える時が今年も訪れる。旧日本軍がハワイの真珠湾を攻撃し、太平洋戦争が始まって8日で75年になる▲真珠湾に沈められた戦艦アリゾナの記念館に1羽の折り鶴が3年前から展示されている。被爆後の白血病で12歳の時に亡くなった佐々木禎子(ささきさだこ)さんが病床で折った。両国の遺恨を乗り越えようと遺族が寄贈したものだ。オバマ大統領も広島の原爆資料館を訪れ、自作の折り鶴を残した▲丸木夫妻の「米兵捕虜の死」からは米兵の無念の叫びが聞こえてくるようだ。どこの国の人であれ一人一人の犠牲者を悼み、命をいとおしむ。かつての敵同士が戦争の痛みを分かち合うことでもある。本当の和解はそこから始まるのだと教えられる。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ジャパンライフに8000万円投じた女性 「安倍首相らが広告塔なので信用」

  2. 大坂なおみ選手起用「かわいさ」狙った広告に集まった批判 その背景は

  3. ジャパンライフ創業者の山口元会長を詐欺容疑で逮捕 2100億円被害か 警視庁など

  4. 「縦割り110番」にメール3000通 河野氏、反響大きく受け付け一時停止

  5. 安倍前首相の師、加藤節さんが嘆く哲学の欠如 前政権で始まった「政府の暴走」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです