メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

身じまい練習帳

ドイツで広がる「墓参り=森林浴」

日本生態系協会が運営する樹木葬墓地「森の墓苑」=千葉県長南町で2016年4月、五十嵐和大撮影

 死んだら自然に返りたい、と思う人は大勢いる。「自然葬=樹木葬」はちょっとしたブームになっているが、日本とドイツでそうした流れがほぼ同時に起きたというのを、前回も触れた「日本死の臨床研究会」で学んだ。北海道大の上田裕文准教授が研究発表した。

 ほかの会場では、医療者やケアスタッフが、<死>に直面しながら抱えている悩みを話し合っているのに、先生の発表テーマは<死んだあと>の樹木葬事情。でも、日独の死生観とか自然観の違いが分かってとても有意義だった。

 日本の樹木葬は1999年、岩手県一関市のお寺で里山保全運動と並行して始まった。ただ、それ以後、国内ではこの「(1)里山型」はあまり広がらず、お骨を埋めたあと苗木を植樹する「(2)樹林型」、区画に墓石の代わりに木を植える「(3)ガーデニング型」、大きな木の周囲に埋める「(4)シンボルツリー型」などになってきた。上田先生によると、都市型の(3)(4)が全体の8割を占めるという。

この記事は有料記事です。

残り572文字(全文985文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 映画『鬼滅の刃』興収300億円に向けファン団結「煉獄さんを300億の男に」 『コナン』に似た運動

  2. 史上最大級の「ペヤング超超超超超超大盛やきそばペタマックス」発売へ 通常の約7.3倍 まるか食品

  3. #排除する政治~学術会議問題を考える 「だんまり決め込むなら、学術会議はなくなったらいい」木村幹教授の痛烈投稿 その真意は

  4. 網戸のひもで6歳死亡、YKK APを提訴 「欠陥」首に絡まり 大阪地裁

  5. ORICON NEWS 映画『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』興収15億円突破 週末ランキング6週連続TOP5

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです