メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

はたらく

マネー編 シニアの雇用保険、メリットは

 「生涯現役社会」に向け雇用保険が変わる。現在の年齢制限がなくなり、来年1月から65歳以上のシニアも新たに雇用保険に加入できるようになる。働く意欲のあるシニアにとってどんなメリットがあるのか。ポイントをみる。

 雇用保険は、加入者(被保険者)が失業した場合、生活の安定を図るための給付や、新しい職に就くための支援を行う制度で、会社などに雇用される人は本人の意思にかかわらず原則として加入する。パートタイム労働者は、勤務が週20時間以上で31日以上の雇用が見込まれることが適用要件となる。

 ただし現在、加入には「65歳」を区切りとする年齢制限がある。65歳になる前から引き続き働いている人は「高年齢継続被保険者」として加入し続けることができるが、65歳になった後に新たに雇用される場合は加入できない。法改正でこの制限が撤廃され、来年1月からは65歳以上でも新規に加入できるようになり、65歳以上は「高年齢被保険者」として一本化される。

この記事は有料記事です。

残り1187文字(全文1602文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 英国のコロナ変異株「死亡率高い可能性」 ジョンソン首相が発表

  2. GoTo客受け入れ8宿泊施設で5人以上感染 10月下旬までに 情報公開請求で判明

  3. 二つの支持率が占う菅政権の今後 政権運営力低下を無情にも示すその「差し引き」

  4. 新型コロナ 本当にデタラメなのか 河野太郎行革相が批判したNHKワクチン報道を検証した

  5. 自民・石原伸晃元幹事長が新型コロナ感染 派閥領袖で初めて

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです