メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
留萌線

95年間の歴史に幕 留萌-増毛間

 北海道北西部を走るJR留萌線(深川-増毛、66.8キロ)のうち日本海沿いの留萌-増毛間(16.7キロ)が4日、最後の運行を終え、1921年の同区間開業から95年間の歴史に幕を下ろした。

 81年公開の故高倉健さん主演の映画「駅 STATION」のロケ地となった増毛駅(北海道増毛町)には鉄道ファンや観光客らが大勢訪れ、別れを惜しんだ。この日、同駅であったお別れ式典で増毛町の堀雅志町長は「廃線は残念だが、今後も駅舎を中心としたまちづくりを進めたい」と話した。

 留萌-増毛間は人口減と車社会の進展で、1列車当たりの平均乗客数が2014年度に約3人にまで落ち込み…

この記事は有料記事です。

残り536文字(全文815文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ヒグマ駆除に道外中心批判200件 札幌市対応に苦慮

  2. 立花N国党首「3年後、参院議員やめ参院選出馬」 埼玉知事選敗北で

  3. ASKAさんが「CHAGE and ASKA」脱退を発表「ソロ活動に邁進」

  4. 衝突した車運転の男をひき逃げ容疑などで逮捕 栃木・鹿沼炎上事故2人死亡

  5. 「期待に応えられなかった」青島氏 与党テコ入れ利かず 埼玉知事選

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです