新潟避難児童いじめ

母「菌付きいじめ、避難がきっかけ」

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
教諭の不適切な発言について陳謝する新潟市教委の高島徹教育次長(中央)ら=新潟市で2016年12月2日午後3時30分、柳沢亮撮影
教諭の不適切な発言について陳謝する新潟市教委の高島徹教育次長(中央)ら=新潟市で2016年12月2日午後3時30分、柳沢亮撮影

横浜の中学生の「菌」付け報道に、小4男児「僕と同じだ」

 東京電力福島第1原発事故で福島県から自主避難している新潟市立小4年の男子児童が、同級生や担任の男性教諭から名前に「菌」をつけて呼ばれ、11月下旬から登校できなくなっている問題で、男児の母親が毎日新聞の取材に応じた。同市教委は「いじめと避難は結びついていない」としているが、母親は東日本大震災5年の今年3月ごろから「菌」付けで呼ばれるようになったことなどから「福島からの避難がきっかけだ」と関連性を訴えた。【堀祐馬、柳沢亮】

 母親によると、今年3月11日の前後、学校の授業で原発事故のことが取り上げられるようになると、男児は積極的に自らの体験を発言したという。「たくさん答えられることがうれしかったのだろう」。しかし、その頃から同級生に「菌」を付けて呼ばれるようになった。「福島から来ていることを知っている一部の子が菌付けで呼び、それをきっかけに、知らない子まであだ名のように呼ぶようになった」と振り返る。

この記事は有料記事です。

残り1144文字(全文1574文字)

あわせて読みたい

注目の特集