仏・トッド氏

「介護・子育て、負担減らせ」日本に提言

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
エマニュエル・トッド氏
エマニュエル・トッド氏

エマニュエル・トッド氏「日本政府は何もやっていない」と

 フランスの歴史人口学者、エマニュエル・トッド氏が毎日新聞のインタビューに応じた。トッド氏は、日本の社会保障制度について、「家族に要求することが多すぎる」と指摘。それが低い出生率につながっているとの見方を示した上で、「日本が直面している最大の課題は人口減少。このままでは30~40年後に突然、災いが訪れる」と警告する。

 トッド氏は1951年生まれ。人口統計や家族の類型化による国際政治の動向の分析が専門で、70年代には旧ソ連の崩壊、最近は英国の欧州連合(EU)脱退や米大統領選でのトランプ氏勝利を予見して注目されている。インタビューは11月下旬にパリ市内で行った。

この記事は有料記事です。

残り630文字(全文939文字)

あわせて読みたい

注目の特集