タクシー突入

「60メートル手前から急加速」証言も

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
松岡容疑者の走行ルート
松岡容疑者の走行ルート

左側にクランク そのまま市道300メートル直進

 福岡市博多区の原三信(はらさんしん)病院にタクシーが突っ込み10人が死傷した事故で、自動車運転処罰法違反(過失傷害)容疑で逮捕された松岡龍生容疑者(64)が病院の南東から市道を約300メートル直進し、事故を起こしたとみられることが捜査関係者への取材で分かった。現場の約60メートル手前から急加速したとの目撃情報もあり、現場にブレーキ痕はなかった。福岡県警はドライブレコーダーなどから当時の走行状況を解析し、運転ミスと車両の不具合の両面から事故原因を調べている。

 捜査関係者によると、松岡容疑者は「事故前に近くの公園のトイレに立ち寄ってから病院方面に向かった」と供述しているという。このため松岡容疑者は同市博多区下呉服町の浜口公園から北西の病院方向に向かって市道を約300メートル直進したとみられる。この市道は病院東館の前で左側にクランクしているが、タクシーは曲がることなくそのまま東館手前の道路標識などに衝突した後、ガラスを突き破って東館1階ラウンジ内に突っ込…

この記事は有料記事です。

残り331文字(全文785文字)

あわせて読みたい

注目の特集