メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

悼む

JR北初代社長・大森義弘さん=11月10日死去・87歳 /北海道

鉄道の光と影、体現

 北海道の青い空と雪原の白、そして赤を基調とした斬新なデザイン。国鉄の分割・民営化から5年後の1992年に開業した新千歳空港駅は、デンマーク国鉄とJR北海道の共同作業によって誕生した。両社は社員数や駅の数、輸送客数が「双子のように似ている」との声がきっかけとなって姉妹鉄道の提携を結んだ。当時の社長が大森義弘さん。リゾート列車や振り子式特急を投入し、北海道観光ブームの礎を築いた。96年に後継社長となる故坂本真一さんとともに二人三脚でJRをけん引した。

 経済三団体の一つ、北海道経済同友会の代表幹事としても活躍した。97年の北海道拓殖銀行の破綻では、焦…

この記事は有料記事です。

残り390文字(全文675文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 参院補選2019 N国・立花党首「埼玉補選に落ちたら海老名市長選に立候補」と表明

  2. 拳銃置き忘れの女性巡査長に停職1カ月 風俗店でバイトも 依願退職

  3. 自民・岸田氏「補正予算案 1兆円超す規模」 台風19号

  4. 山口組ナンバー2出所 暴力団の勢力図、塗り替わる可能性も

  5. 菅原経産相の金品配布疑惑 選挙区の有権者複数が「メロンもらった」と証言

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです