メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

なにわ人模様

救急救命士の国家資格をもつ機動救難士 中町洋平さん /大阪

機動救難士の証しの「オレンジ服」を着る中町洋平さん=海上保安庁関西空港海上保安航空基地で、井川加菜美撮影

救助、より迅速・的確に 医療・実地、2年学び合格

 救急救命士の国家資格をもつ機動救難士として、今年4月に関西空港海上保安航空基地に配属された。機動救難士は、海難などの際にヘリコプターからの降下技術や潜水能力を生かして迅速に人命を救助するスペシャリスト。医師の指示で救急救命の処置を施すことができる救急救命士の資格も持つ。訓練を経て、10月には機動救難士の証しである「オレンジ服」が貸与され、日々訓練を重ねながら出動に備えている。

 高校生の頃、海難救助を担う海上保安官たちの姿を描いた映画を見て関心を持ち、1年半の専門学校生活を経…

この記事は有料記事です。

残り648文字(全文912文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 札幌爆発事故 不動産のアパマンがおわび文
  2. 日産3社連合 不当干渉あればルノー株… 鍵握る基本協定
  3. スプレー缶「ガス抜きせず」廃棄呼びかけ 事業系に求められる「ガス抜き」
  4. 日産、ルノーがトップ会談か オランダで
  5. 札幌爆発 パニックの中、床抜け落ち助かる 間一髪の様子を客らが証言

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです