メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

中国・江蘇省演芸集団

オペラ「鑑真東渡」初の日本公演 悠久の時超え舞台に 今月に東京、奈良、京都で

 構想に着手してから約2年半。中国・江蘇省演芸集団有限公司の新作オペラ「鑑真東渡(がんじんとうと)」日本公演が間近に迫ってきた。1200年以上の時を超えて、鑑真和上の故郷・揚州市を抱える江蘇省の演芸集団が日本の舞台で初上演する。日中友好の観点からも極めて意義深い公演だが、主演の田浩江氏らは「アジアから新しいオペラ文化を発信したい」と意気込みをみせている。【河嶋浩司】

 南京、蘇州、無錫、揚州市など日本でもなじみの都市を抱える江蘇省の人口は約8000万人。域内総生産は…

この記事は有料記事です。

残り3607文字(全文3841文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新潮社 「新潮45」が休刊 杉田氏擁護特集で批判浴び
  2. 新潮社 「新潮45」休刊声明全文 「深い反省の思い」
  3. 涼宮ハルヒ 5年ぶり新作書き下ろし短編 「ザ・スニーカー」特別号に掲載
  4. 静岡・沼津 「深海プリン」インスタ映えで話題
  5. シンポジウム 戸田恵子さん 認知症だった母の介護語る

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです