メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

広島・宮島

市街地のシカが減少 餌やり禁止が効果

宮島の市街地で観光客らに囲まれるシカ=広島県廿日市市宮島町で、山田尚弘撮影

 厳島神社がある宮島(広島県廿日市市)で、市街地に出没するシカの数が減少傾向にあることが市の調査で分かった。市によると、2008年に1日200頭以上が確認されたが、11月下旬の調査では約120頭だった。シカの餌やり禁止を推進する市は「市街地に餌がないと知り、山で過ごすシカが増えたのだろう。餌やり禁止の効果が表れ始めている」としている。【山田尚弘】

 市は毎年秋から冬に、厳島神社や表参道商店街、フェリー桟橋などがある島北東部の市街地で、目視でシカの…

この記事は有料記事です。

残り592文字(全文816文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ホテル 「ヒルトン福岡」駐日キューバ大使の宿泊拒否
  2. 入れ墨 「医療行為に当たらず」 彫り師に逆転無罪
  3. 中央防災会議 南海トラフ前兆 M8級「半割れ」で要避難
  4. セクハラ防止ポスター 困り顔の男性をアップ 批判相次ぐ
  5. 決算予想 ライザップ赤字に グループ企業業績改善遅れで

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです