タクシー暴走

天国から娘さん見守って…犠牲の花田夫妻

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
事故現場前に設けられた献花台に花を供え、手を合わせる人たち=福岡市博多区で2016年12月6日午前10時10分、須賀川理撮影
事故現場前に設けられた献花台に花を供え、手を合わせる人たち=福岡市博多区で2016年12月6日午前10時10分、須賀川理撮影

 福岡市博多区の原三信(はらさんしん)病院にタクシーが突っ込み10人が死傷した事故(3日)は、家族思いで優しい3人の命を奪った。小学2年の愛娘を1人残して犠牲となった同区豊1の無職、花田盛幸さん(44)と妻で会社員の美佐代さん(44)、糖尿病で片足を失っても障害に負けずに暮らしていた同区東比恵4、無職、遠藤一行さん(53)。現場前に設置された献花台では連日、市民が冥福を祈る姿がみられる。【志村一也、遠山和宏、蓬田正志】

この記事は有料記事です。

残り588文字(全文799文字)

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集