メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

中小企業減税

高所得は除外へ 大企業並み15億円超

 政府・与党は5日、大企業並みの所得がある中小企業について、「租税特別措置(租特)」に基づく中小企業向け優遇税制の対象から除外する方針を固めた。大企業が資本金を1億円以下に抑えて税法上の中小企業となり優遇措置を受けるのを封じる狙いがある。2017年度税制改正大綱に盛り込む。【横山三加子】

 税法上は資本金が1億円以下の企業を中小企業と分類しており、政府は研究開発や設備投資などを行った企業を時限的な租特で減税している。中小企業には経営支援のため、さらに減税幅を大きくするなど優遇している。

 見直しでは、中小企業の定義は変えないが、中小企業でも益金から損金を差し引いた税務上の所得が15億円(過去3年間の平均)を超えた場合、優遇措置の対象から外す。黒字を計上する大企業の平均所得から15億円という基準を算出した。

この記事は有料記事です。

残り723文字(全文1078文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京都内の新型コロナ感染者、新たに189人確認 最多更新

  2. 新型コロナ感染者「ゼロ」は岩手、鳥取の2県 理由を探ってみた

  3. 緊急事態 愛知、京都などの追加 菅長官「現時点で評価に至らず」

  4. ホームセンター、居酒屋、理美容店など営業認める 東京都が休業要請先公表

  5. 次亜塩素酸水 手指消毒の有効性は「未確認」 政府答弁書

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです