メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

鳥インフル

ハヤブサ死骸から検出 北海道・苫小牧

 環境省は5日、北海道苫小牧市で見つかったハヤブサの死骸から、高病原性鳥インフルエンザウイルス(H5N6型)を検出したと発表した。死骸の回収場所から半径10キロ圏内に養鶏場が6カ所あり、道は監視を強化する。道内での感染確認は2011年2月以来5年ぶり。

 道によると、ハヤブサの死骸は11月24日、苫小牧市静川の石油備蓄基地で見つかった。簡易検査は陰性だったが、遺伝子検査で…

この記事は有料記事です。

残り279文字(全文465文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. なぜ首相は「立憲民主党」を「民主党」と何度も同じ箇所で間違えるのか
  2. 参院選 後半情勢・毎日新聞総合調査 改憲、3分の2厳しく 1人区で自民防戦
  3. 「自分のスケート探す」 フィギュア・宇野、今季はメインコーチ不在に
  4. 愛媛・伊方原発 3号機 特重施設の工事分割 四電、規制委に申請 /徳島
  5. 「結局は日本経済により大きな被害」 韓国大統領警告 輸出規制問題で

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです