メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
毎日フォーラム・課長補佐時代

農林水産省農林水産技術会議事務局長・西郷正道(60)

西郷正道氏

農政のニッチな分野で奮闘

 1991年に在インド大使館から帰任してから約10年間、三つの課長補佐を務めました。

 最初は農林水産技術会議事務局国際研究課で国際研究協力の担当でした。当時は農水省や都道府県から、海外の大学や国際研究機関、JICAプロジェクトなどに常時100人以上の研究者が駐在していました。研究課題の設定や資金拠出、わが方の研究者の現地での待遇、研究成果の取り扱いなど派遣先との調整には手間取りましたが、生活環境に恵まれない途上国での研究者の奮闘を思うと手は抜けませんでした。

 次の農産園芸局農産課環境保全型農業対策室では、当時懸念されていた農業由来の環境汚染に対し、農法を改…

この記事は有料記事です。

残り576文字(全文869文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 特集ワイド 猛暑のソウル「反日」一色と思いきや… ロウソクと太極旗、揺れる劇場都市

  2. 渡辺邦夫・幸手市長が辞職へ 広島で暴行事件

  3. ラーメン注文で生ビール5杯サービス 一風堂がキャンペーン

  4. 投打で圧倒、星稜24年ぶり決勝に名乗り 奥川10K 中京学院大中京、二塁踏めず

  5. 高校野球 星稜の山瀬主将、履正社・野口との約束が実現「『決勝でやろうな』と話していた」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです