メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

佐野太氏

文科省の佐野官房長は日川高卒

 霞が関では甲府第一高、甲府南高、都留高などの県立高校の出身者が多い。

 文部科学省では、13年7月から15年8月まで事務次官を務めたブルガリア大使の山中伸一氏(東大法77年文部省)がいる。大月市の都留を卒業している。同校は県で2番目に開校した旧制中学が前身。卒業生には、石井由己雄大月市長や落語家の三遊亭小遊三さん、投手として活躍した千葉ロッテマリーンズの小林雅英・1軍投手コーチがいる。官房長の佐野太氏(早大院理工85年科技庁、写真)が甲州市(旧塩山市)出身で県立日川高を卒業した。同校は文武両道の創立116年の伝統校で、作家の林真理子氏らの母校だ。 

 財務省では、金融庁監督局長の遠藤俊英氏(東大法82年大蔵省)が甲府市出身で甲府南の出身だ。同校は開…

この記事は有料記事です。

残り1227文字(全文1568文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 三菱電機社員が自殺、上司を自殺教唆容疑で書類送検 兵庫・三田

  2. 道交法に「あおり運転」 即座に免許取り消し 警察庁方針

  3. 日本政府、中村医師の襲撃情報を事前に把握 本人も警戒

  4. ボクシングの協栄ジムが活動休止へ

  5. どうする国民年金 (1)基礎年金生活者・単身女性に訪れる甘くない将来

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです