メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

毎日フォーラム・ファイル

地方政治 多々見・舞鶴市長がグランプリ大賞

マニフェスト大賞を受賞した多々見良三舞鶴市長(右)。左は北川正恭審査委員長=東京都港区で2016年11月11日

第11回マニフェスト大賞 過去最多の2514件応募

 政策本位の政治を目指し、自治体の首長や地方議員、市民などを表彰する「第11回マニフェスト大賞」(実行委員会主催、早稲田大学マニフェスト研究所・毎日新聞社共催、共同通信社後援)の授賞式がこのほど東京都内であり、グランプリ大賞に地域医療問題を解決に導いたことなどが評価され最優秀マニフェスト賞(首長)を受けた京都府舞鶴市の多々見良三市長が選ばれた。自治体の善政競争を促すために始まったこの賞は年々盛んになり今年の応募は過去最多の2514件に上った。各賞の最優秀受賞者を紹介する。

この記事は有料記事です。

残り2310文字(全文2573文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 金融庁「老後最大3000万円必要」独自試算 WGに4月提示
  2. 運転の60代女「意識なくなった」 東京・町田で児童ら5人はねられけが
  3. 「年金を受け取っているか」の質問に麻生氏「正確な記憶がない」 衆院財務金融委
  4. 関西テレビ「ヘイト」放送 民族・女性差別発言編集せず
  5. 育休明けに倉庫勤務「不当な配転」 アシックス男性社員訴え

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです