メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外森保J、無念のドローで決勝T逃す 久保弾は幻に
毎日フォーラム・ファイル

TPP 米国の離脱意向で漂流のおそれ

民進党などの議員の反対の中、衆院TPP特別委員会で採決が行われた=国会内で2016年11月4日

見直しを迫られる日本の自由貿易協定の戦略

 環太平洋パートナーシップ協定(TPP)は頓挫することになるのだろうか。次期米大統領に決まったドナルド・トランプ氏は当選後、TPPからの離脱を改めて唱えた。現在のオバマ大統領も議会での批准手続きをあきらめた。TPPは日本政府が通商政策の要に据えている協定だ。その漂流は、日本に自由貿易協定(FTA)戦略の抜本的な見直しを迫ることになる。同時にこれは、TPPをテコに国内産業の活性化を図るという成長戦略にも影響を与えかねない。

 高率の関税でコメなど国内農産物を保護していることもあって、日本は農産物輸出を主力とする国を含んだ本…

この記事は有料記事です。

残り2143文字(全文2425文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. わいせつ動画投稿疑い 長崎県職員の22歳女を逮捕 京都府警
  2. 男性2人刺され死亡 逃げた男を警察が確保 名古屋
  3. 博多駅前に倒れている女性、搬送先病院で死亡確認 マンションから転落か
  4. 芸能界と反社会的勢力 根深い関係、どう断ち切る 吉本「闇営業」問題
  5. 「イージス引き受けないのは非国民との批判、県内外から」秋田の佐竹知事が明らかに

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです