SUNDAY LIBRARY

武田 砂鉄・評『断言 1998-2008』伊藤政則・著

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

変化と進化を記録する透徹した視線と筆致

◆『断言 1998-2008』伊藤政則・著(シンコーミュージック/税抜き1389円)

 自分が文章を書き始めたきっかけは、本書の著者、「メタルゴッド」こと伊藤政則氏にある。熱分が濃縮したライナーノーツ、時に冷徹に業界への危惧を指し示していくテキストを、彼に導かれるままに開拓したメタルバンドを聴きながら耽読(たんどく)してきた。屈折した思春期は、常に“セーソクさん”の肉厚な原稿と共にあったのだ。

 『BURRN!』誌で長年連載されている「今月の断言」、1998年から10年分のコラムより厳選したコラム集がまとまった。アイアン・メイデン、ジューダス・プリースト、メタリカといったモンスターバンドがこぞって世間の潮流を意識した作品をリリースし、旧来のファンとの断絶を生じさせていた90年代半ばから、あるべき形を取り戻す過程を克明に記録する。

この記事は有料記事です。

残り541文字(全文927文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集