メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

SUNDAY LIBRARY

木村 衣有子・評『味がある。』マメイケダ・著

◆『味がある。』マメイケダ・著(誠光社/税抜き1500円)

 幼時に好んでいた絵本はどんなものだったか、振り返ってみれば、絵のタッチがリアルであればあるほどうれしくなって、ずっと眺めていたものだった。私は好き嫌いの多い面倒な子供で、生のトマトは食べられなかったのに、幼稚園の本棚にあった、トマトの断面をスーパーリアルに描いた絵本は度々開いていた。そのうちトマトがそんなに嫌でもなくなってきて、度々あの絵を思い出し、描かれていたのはこういう味わいだったのか、と得心する。好悪の境界をぶっとばし、わけもわからず惹(ひ)き付けられた、絵の力。

 大阪の絵描き、マメイケダさんが描く食べものの絵も、そういう力を持っている。

この記事は有料記事です。

残り661文字(全文966文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 腹の虫がおさまらない?マメガムシ食べられてもカエルの尻から脱出 神戸大

  2. 療養ホテル確保数「ゼロ」の沖縄に不快感 菅氏「何回となく促した」

  3. ベトナムで感染力強い型のコロナ流行か 首相「拡大防止へ重要な時期」

  4. 生かせなかった“原爆搭載機情報” 96歳「広島に空襲警報出せていたら」

  5. 療養ホテル、沖縄は1カ月半「ゼロ」 菅氏が批判、知事は「予想より早く感染者増えた」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです