メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

社告

「AI時代の行方」羽生善治3冠が講演 東京で22日 参加者募集 /東京

 将棋の羽生善治3冠が22日、「AI(人工知能)時代の行方」と題し、東京・池袋での「第290回毎日メトロポリタンアカデミー」で講演します。聴講者を募集します(定員150人)。

     羽生3冠は、1985年に中学生でプロ棋士となり、96年に7大タイトルを独占。ベテランとなった今も将棋界を代表する棋士として活躍しています。今年5月には人工知能を探求するNHKの番組にリポーターとして出演し、大きな話題となりました。将棋ソフトと対戦する「第2回電王戦」(来年5月)の出場者を決める叡王戦にも出場しました。

     講演では、将棋とAIとの関係に触れながら、急速に進歩するAIの状況をトップ棋士としてどのように捉えているかお話しいただきます。

     <日時>12月22日(木)午前11時半~午後1時。終了後、食事<場所>ホテルメトロポリタン(豊島区西池袋1、池袋駅西口徒歩3分)<参加費>5000円(昼食のコース料理代含む)<問い合わせ>毎日メトロポリタンアカデミー事務局(電話03・6265・6817=午前10時~午後5時)。毎日新聞社のウェブサイトからも申し込めます(https://www.mainichi-ks.jp/form/metro-academy1612/)

     主催 毎日新聞社/共催 東京商工会議所豊島支部/後援 東日本旅客鉄道株式会社/協賛 日本ホテル株式会社

    おすすめ記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 加藤浩次さんと吉本、平行線 大崎会長「持ち帰らせてくれ」
    2. 山田太郎票515票を山本太郎票に 職員思い込みで富士宮市選管集計ミス
    3. 山本冷遇の記憶 極楽・加藤 吉本トップを痛烈批判 松ちゃんにも「大先輩におこがましいが…」(スポニチ)
    4. 清水圭、吉本社長・岡本氏に恫喝された過去告白「話を聞かずいきなり…私の時と全く同じ」(スポニチ)
    5. 京アニが支援金受け付け口座開設 詳細はホームページに掲載

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです