吉田沙保里大賞

伊藤美誠選手ら 県内枠は6選手 /三重

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 レスリング女子で五輪3連覇の実績を誇る吉田沙保里選手(津市出身)に続くジュニア選手を育てようと、県などが創設した「夢追人 吉田沙保里大賞」の今年度の受賞者が決まった。リオデジャネイロ五輪の卓球女子団体で銅メダルを獲得した静岡県出身で大阪市の昇陽高校1年、伊藤美誠(みま)選手(16)ら7選手とその指導者が受賞した。

 受賞選手は、全国枠の伊藤選手のほか、県内枠で6人。重量挙げの柳川友章(亀山高3年)、山岳競技の田嶋あいか(津高3年)の2選手と、いずれもレスリング女子で▽奥野春菜(久居高3年)▽小川凜佳(四日市市立日永小4年)▽真柄美和(同市立常磐小6年)▽森川晴凪(津市立一志西小6年)の4選手。

この記事は有料記事です。

残り125文字(全文425文字)

あわせて読みたい

注目の特集