メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

水説

法案に「金のにおい」=中村秀明

 <sui-setsu>

 女性議員を増やすことを政党に求める法律づくりが、足踏みしている。

 法律とはいえ「国や地方選挙での男女の候補者比率をできるだけ均等になるよう目指す」という内容である。理念をうたうが、政党に課すのは努力義務。これでいいのかと心配になる緩さだ。

 国会の総意で実現する議員立法として成立させようと、かれこれ1年近く調整が続く。緩い中身なのに、自民党内の保守的な議員が抵抗し、前に進まない。

 先月の自民党の会合では、若手の女性議員が「意欲のある女性は自力ではい上がる。立法の必要性がわからな…

この記事は有料記事です。

残り715文字(全文968文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 信号待ちの車列に車突っ込む 7歳女児死亡、9人重軽傷 大阪

  2. 小泉環境相、石炭火力の輸出制限表明を見送り COP演説 国際的反発必至

  3. パトカーが4歳男児はねる 緊急走行中、横断歩道で 東京・千代田区

  4. 氷河期世代支援「使い捨て」脱するには… 先行する埼玉で問題点を探った

  5. 羽生一問一答「自分の中の勝負には勝てた」「40点差、大きくない」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです