メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

社説

首相が真珠湾へ 日米史の新たな節目に

[PR]

 日米両国の相互理解と真の和解につなげたい。

     安倍晋三首相がオバマ米大統領とともにハワイの真珠湾を訪問すると発表した。

     日本軍の真珠湾奇襲攻撃により太平洋戦争の戦端が開かれてから今年で75年。戦後、日米両国は強固な同盟関係を築き上げてきた。だが、底流には、大戦をめぐる両国民の複雑な感情が横たわる。

     とりわけ日本にとっては米国による広島、長崎への原爆投下が、米国にとっては真珠湾攻撃が、両国関係に突き刺さったトゲとなってきた。

     まずオバマ氏が5月に現職米大統領として初めて広島を訪れ、今度は安倍氏が日本の現職首相として初めて犠牲者を慰霊するため真珠湾を訪問する。これにより、日米の真の和解を目指した新たなページがめくられることになる。

     首相の発表からは、犠牲者の慰霊と不戦の誓い、和解の発信、同盟強化の意義の再確認という、三つの意図がうかがえる。この時期に真珠湾を訪問することには、トランプ米政権が発足する前の同盟強化の狙いがあるのだろう。

     日米関係は、安保条約を「不公平」と指摘してきたトランプ氏が次期大統領に決まり、同盟が揺らぎかねない不確実な状況を迎えている。

     トランプ氏は、オバマ氏の広島訪問の際「日本滞在中に真珠湾奇襲について議論したのか。何千人もの米国人の命が失われた」と批判した。

     首相としては、オバマ氏の在任中に真珠湾を訪問することで、日米関係の不安の芽を一つでも摘んでおきたいと考えたのではないか。

     首相が真珠湾訪問に踏み切る決断をしたことは意義がある。同時にそこで何を語るかが問われる。

     首相は、大戦についての謝罪はしないという。オバマ氏も広島で原爆投下について謝罪しなかった。

     昨年4月の米議会での演説で、首相は「先の大戦に対する痛切な反省」や「アジア諸国民に苦しみを与えた事実」を表明した。真珠湾では、不戦の誓いや日米同盟の将来について語るだけでなく、歴史に謙虚に向き合い、大戦への反省を自らの言葉で語ってほしい。

     日米の和解は、言葉で言うほどたやすくはない。広島と真珠湾の訪問だけで達成されるものでもない。日米の首脳が、大戦の象徴的な地を互いに訪問できる環境になったのは、両国の政治家から草の根の人々まで先人たちの努力の積み重ねがあったからだ。そのことを高く評価したい。

     そして日本は、大戦で中国やアジア諸国に多大な被害を与えたことを忘れず、和解をアジア地域に広げていく責任がある。

    おすすめ記事
    広告
    毎日新聞のアカウント
    ピックアップ
    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 横浜市長「IR誘致、ぼろくそに言われている」 市内会合でこぼす

    2. 社説 抗生剤のリスク 安易な使用は見直したい

    3. 新型肺炎 中国、27日から海外団体旅行禁止 春節期、観光に影響必至

    4. マンホールから頭出し車と接触、死亡 下水道清掃中に 愛知・刈谷

    5. デマがSNSで拡散「武漢から関空入りの新型肺炎患者が逃走」 モザイク入り微博画像から

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    今週のおすすめ
    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです