メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

親ありて

元水泳選手・岩崎恭子さんの母 真知子さん/上 「普通の生活」必死に守る

 「今まで生きてきた中で、一番幸せです」

 1992年、バルセロナ五輪競泳女子200メートル平泳ぎで優勝後、この名言で一躍話題になった岩崎恭子さん(38)。当時14歳で世界の頂点に上り詰めた娘を、両親はどのように支えたのか。「あの言葉が独り歩きしてしまいましたね」と振り返る岩崎さんの母、真知子さん(68)に聞いた。

 真知子さんは70年に夫勝稔さん(74)と結婚。長女敬子さん(40)、次女恭子さん、三女佐知子さん(36)の3人を産んだ。敬子さんに年少の頃、スイミングを習わせるようになったのは、近くに「沼津スポーツセンター」ができたのがきっかけ。「体が丈夫になりそう。水の事故も防げるかもしれない」という軽い気持ちだった。恭子さんは「お姉ちゃんが行っているから」という理由で5歳から水泳を始め、選手になった姉の後を…

この記事は有料記事です。

残り1113文字(全文1470文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 学校、公共施設で次亜塩素酸水の噴霧休止相次ぐ 厚労省「濃度次第で有害」

  2. 「本能寺の変 原因説総選挙」 50説から選ばれたトップは、やはり…

  3. ブルーインパルス飛行「プロセスはどうでもいい」 経緯明かさぬ河野防衛相に疑問の声

  4. やっぱり新型コロナ危険因子だった喫煙、肥満 「足の赤いあざ」が示す感染の疑い

  5. 東京アラート、2指標で発動目安を上回る 残るは「1日20人未満」 要警戒

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです