国際学力テスト

語彙不足に警鐘 読解力低下で専門家

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 6日公表された2015年の学習到達度調査(PISA)で、読解力は前回より平均点が22点も下がり、順位も落とした。文部科学省は筆記からコンピューターで解答する方式への移行が一因としたが、日本の生徒が他の分野で操作に苦慮した傾向は見当たらない。PISAの他にも読解力の低下を示すデータがあることから、専門家は「読解力の基礎となる語彙(ごい)の量が不足している」と警鐘を鳴らしている。【伊澤拓也】

 読解力は文章を読み、内容を理解したかを問う調査。日本は過去2回連続で平均点、順位とも上げたが、今回は09年と同じ8位に戻った。

この記事は有料記事です。

残り1766文字(全文2026文字)

あわせて読みたい

注目の特集