カジノ法案

参院で審議始まる 依存症対策で論戦

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
「統合型リゾート(IR)整備推進法案」(カジノ法案)の審議が始まった参院本会議=国会内で2016年12月7日午前10時18分、川田雅浩撮影
「統合型リゾート(IR)整備推進法案」(カジノ法案)の審議が始まった参院本会議=国会内で2016年12月7日午前10時18分、川田雅浩撮影

 カジノ解禁に向けた議員立法「統合型リゾート(IR)整備推進法案」(カジノ法案)は7日午前、参院本会議で審議が始まった。提出者の自民党が観光・地域振興に寄与するなどと強調したのに対し、民進、共産両党はギャンブル依存症への懸念などから反対論を展開した。

 民進党の小西洋之氏は「日銀による異次元の金融緩和というギャンブルの失敗をごまかす『カジノミクス法案』だ」と批判した。共産党の田村智子氏も「人の不幸で利益を上げる。『成長戦略』とは情けなく恥ずかしい」として、ギャン…

この記事は有料記事です。

残り349文字(全文581文字)

あわせて読みたい

ニュース特集