メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

損保2社

認知症列車事故も補償 個人賠償保険を改定

三井海上火災保険本社

 誤って人にけがをさせたり物を壊したりして損害賠償責任を負った場合に備える「個人賠償責任保険」で、三井住友海上火災保険など損保2社が来年1月、これまで補償されなかった列車の運行不能損害を対象に加える。認知症の人が起こした事故で、家族が高額賠償を請求されるケースなどに対応する。保険の見直しでカバーされるケースは増えそうだ。

 きっかけは認知症の男性(当時91歳)が列車にはねられ死亡した2007年の事故。妻と別居の長男を「監督義務者」としてJR東海が運行遅延の損害賠償約720万円を求め、最高裁は今年3月に請求を棄却したが、家族がどんな場合に賠償責任を免れるのか明確に示さず、リスクが浮き彫りとなった。

この記事は有料記事です。

残り752文字(全文1052文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「やる気ないなら担当変える」河野行革相、放送規制改革で文化庁に発破

  2. 不仲の夫の食事に洗剤 暴行容疑で妻を書類送検 神奈川県警

  3. 医師と歯科医師24人を行政処分 厚労省発表

  4. 虫歯治療後に2歳死亡 福岡の小児歯科元院長を近く在宅起訴へ

  5. 乗用車がトレーラーに追突、男女3人死亡 苫小牧

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです