メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

露大統領特別代表

北方領土、環境保護「政治とは別に」

イワノフ氏、協力拡大提言 世界遺産「知床」拡張に前向き

 【モスクワ真野森作】ロシアのセルゲイ・イワノフ大統領特別代表(自然保護活動・環境・交通問題担当)は6日、毎日新聞のインタビューに応じた。北方領土における日露の環境保護面での協力拡大について「政治・外交問題とは別に実現可能だ」と言及。北海道東部にある世界自然遺産「知床」の範囲を隣接する北方四島と北隣の千島列島ウルップ島(ロシア領)まで拡張するという日本の環境保護団体の構想に「まさに理にかなっている。露日の貿易経済政府間委員会の枠内で検討すべきだ」と積極姿勢を示した。

 プーチン大統領は北方領土での日露の多面的な共同活動に意欲的で、今月15日に迫るプーチン氏と安倍晋三…

この記事は有料記事です。

残り502文字(全文814文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 若い女性「知らない人から灯油のような液体をかけられた」京アニ火災
  2. 京アニ火災 男は関東地方在住の41歳か 免許証で判明
  3. 確保の男「パクリやがって」恨み言 京アニ火災
  4. 1人死亡12人心肺停止 「死ね」と叫び液体まく 京アニ火災
  5. 服破れ、髪も焼け、真っ黒「地獄絵図だった」 京アニ放火

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです