メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

保育労働相談

8割に違法疑い 賃金未払い、休憩取れず

 保育や介護現場の労働環境の改善を目指して6月に結成された労働組合「介護・保育ユニオン」は6日、これまで受けた電話相談で、賃金未払いや休憩が取れないなどの労働基準法違反が疑われる事例が8割に上ったと発表した。6割が30代以下からの相談で、ユニオンは「若手保育士の労働環境の改善が急がれる」と指摘する。

 相談は保育現場で働く人を対象に11月末まで実施。86件の電話があり、訴えで最も多かったのが賃金未払い(64件)。休憩が取れない(53件)▽パワハラ・いじめ(20件)▽有給休暇が取れない(14件)--…

この記事は有料記事です。

残り377文字(全文627文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 鹿児島、新たに30人の感染確認 28人がクラスター発生の飲食店客

  2. マダニ感染症で京都府内の80代男性意識不明 府内で今年初

  3. 首相官邸ネット発信「中の人」は電通マン 前任者も 政権のSNS戦略と深いかかわり

  4. ORICON NEWS 綾瀬はるか「世界を食べる」写真集最新作はリスボン ビーチで見せた“優しい異世界”

  5. 東京都の新規感染者は2日連続の100人超 新型コロナ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです