退去強制取り消し訴訟

タイ少年在留、控訴審も認めず

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 不法滞在していたタイ人女性(44)の子で、日本で生まれ育った甲府市の高校2年男子、ウォン・ウティナンさん(16)が国に退去強制処分の取り消しを求めた訴訟の控訴審で、東京高裁は6日、訴えを退けた1審・東京地裁判決を支持し控訴を棄却した。小林昭彦裁判長は「原告が地域社会に根付いていたとは言えない。処分は適法だった」と指摘した。母親は1審判決後に帰国しており、ウティナンさんは1人で裁判を続けていた。

 判決などによると、母親は1995年に入国。ウティナンさんは母とタイ人の父の間に生まれた。日本を出たことがなくタイ語の読み書きはできない。

この記事は有料記事です。

残り305文字(全文573文字)

あわせて読みたい

ニュース特集