メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

国際学力テスト

日本、読解力低下 科学・数学は改善 

国際学力テストの日本の順位と平均得点

 経済協力開発機構(OECD)は6日、2015年に72カ国・地域の15歳約54万人を対象に実施した学習到達度調査(PISA=ピザ)の結果を公表した。日本の平均点は「科学的応用力」が前回12年の4位から2位、「数学的応用力」は7位から5位と共に順位を上げたが、「読解力」は4位から8位に落ち、平均点も22点下がった。

 文部科学省は読解力の順位低下の主な要因について「今回からコンピューターで解答する方式に移行し、操作などで不慣れな面があったためではないか。前回調査から大きく落ち込む理由は見当たらない」と説明する。しかし、活字離れでまとまった文章を読む機会が減少したり、語彙(ごい)量が不足したりといった実態が読解力低下の原因とする専門家の指摘もあり、文科省は読解力向上に向け小中学校用「指導改善のポイント」を作成す…

この記事は有料記事です。

残り601文字(全文958文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 法務省「黒川氏の退職、捜査に支障ない」 定年で「重大な障害」だったのでは?

  2. 「民度が違う」発言で麻生氏がさらした決定的な事実誤認とは

  3. 米雇用改善 トランプ氏、死亡した黒人男性にとって「素晴らしい日」と発言 非難噴出

  4. 都知事選に出るワケ 熊本知事から「タイムリミット」示された副知事の決断

  5. 新型コロナ コロナ鎮めて! 群馬・「妖怪」だるま

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです