メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

国際学力テスト

語彙不足に警鐘 読解力低下で専門家

 6日公表された2015年の学習到達度調査(PISA)で、読解力は前回より平均点が22点も下がり、順位も落とした。文部科学省は筆記からコンピューターで解答する方式への移行が一因としたが、日本の生徒が他の分野で操作に苦慮した傾向は見当たらない。PISAの他にも読解力の低下を示すデータがあることから、専門家は「読解力の基礎となる語彙(ごい)の量が不足している」と警鐘を鳴らしている。

 読解力は文章を読み、内容を理解したかを問う調査。日本は過去2回連続で平均点、順位とも上げたが、今回は09年と同じ8位に戻った。

この記事は有料記事です。

残り958文字(全文1212文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 猛毒「フッ化水素酸」か、こぼれ異臭 東京・秋葉原の路上、けが人なし

  2. 愛知知事リコール運動 大阪・松井市長、賛同の吉村知事に苦言「県民が判断」

  3. やっぱり新型コロナ危険因子だった喫煙、肥満 「足の赤いあざ」が示す感染の疑い

  4. ボーガンで3人死亡 23歳逮捕「家族に矢放った」 兵庫・殺人未遂容疑

  5. 持続化給付金 なぜ再委託? 差額20億円の用途は? 説明渋る与党

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです