カジノ法案衆院通過

依存の怖さ、再度警鐘…清水議員

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
清水忠史議員
清水忠史議員

 7世紀末の日本も、ほとほとギャンブル依存に手を焼いた? 当時の持統天皇による「すごろく禁止令」を引き合いに「統合型リゾート(IR)整備推進法案」(カジノ法案)を批判した共産党の清水忠史議員は、衆院本会議で可決後、毎日新聞の取材に「そのあとも禁止令は繰り返し出されている。禁止しても効き目がなく、出さざるを得なかったのだろう」と述べ、ギャンブル依存の怖さに改めて警鐘を鳴らした…

この記事は有料記事です。

残り283文字(全文471文字)

関連記事

あわせて読みたい

ニュース特集