連載

おもしろいもの観た?

毎日新聞デジタルの「おもしろいもの観た?」ページです。最新のニュース、記事をまとめています。

連載一覧

おもしろいもの観た?

猥雑なエネルギー渦巻く歴史劇

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 シェークスピアの歴史劇は何となくハードルが高い。王の名前が付いた10編は、王権を巡る陰謀や戦乱が繰り広げられる。そんな先入観を、何人も登場するエドワードやヘンリー、リチャードが後押しするのも否定できない。

 そのなかにあって、飲んだくれで太鼓腹の騎士フォールスタッフが登場し、喜劇味を帯びるのが「ヘンリー四世」2部作(22日まで新国立劇場中劇場、小田島雄志訳、鵜山仁演出)である。父と息子の相克、宮廷の建前ではなく社会の下層にあって本音で生きる庶民の猥雑(わいざつ)なエネルギー。“歴史”を脇役に追いやり、ロック音楽と共に時代も国境も超える人間の物語が躍動する。

 15世紀初頭。ヘンリー四世(中嶋しゅう)はいとこのリチャード二世から王位を簒奪(さんだつ)した罪に苛(さいな)まれ、フォールスタッフ(佐藤B作)と放蕩(ほうとう)するハル王子(浦井健治)にも頭を悩ませる。そこへノーサンバランド伯(立川三貴)の息子でホットスパー(熱い拍車)の異名を持つヘンリー・パーシー(岡本健一)らが謀反を起こす。

この記事は有料記事です。

残り314文字(全文762文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集