特集

東京オリンピック

東京オリンピックに関する特集ページです。

特集一覧

20年東京五輪

追加種目、会場承認 千葉・一宮「サーフィンの聖地に」

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
2020年東京五輪のサーフィン会場に決まり喜びを表す地元のサーファーや住民ら=千葉県一宮町の釣ケ崎海岸で2016年12月8日午前7時21分、後藤由耶撮影
2020年東京五輪のサーフィン会場に決まり喜びを表す地元のサーファーや住民ら=千葉県一宮町の釣ケ崎海岸で2016年12月8日午前7時21分、後藤由耶撮影

 サーフィン会場に決まった千葉県一宮町の釣ケ崎海岸。神奈川・湘南に比べ知名度は低いが、人口約1万2500人の町には「世界最高レベル」ともいわれる良質な波を求めて年間60万人のサーファーが訪れ、移住者も絶えない。「一宮をサーフィンの聖地に」。地元関係者は夢を膨らませた。

 同海岸には8日朝、住民やサーファーら約200人が集まり、決定を祝った。馬淵昌也町長は「町の歴史に新たな一ページを添えられる。一宮の名前と文化が世界に広がってくれれば」と期待した。

 江戸時代に城下町として栄えた一宮のサーフィンの歴史は1960年代にさかのぼる。町議の志田延子さん(71)によると「国内サーフボードメーカーの技術指導に訪れた米国人が、一宮の波の良さに驚いたのがきっかけ」。国際大会も多く開催されてきた同海岸は、志田さんの義父利寿さんが営んだ海の家の下側にあたることから「志田下ポイント」と呼ばれ、海外でも知られている。

この記事は有料記事です。

残り905文字(全文1305文字)

【東京オリンピック】

時系列で見る

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集