メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

動くか北方領土

混住時代/上 笑顔の談議、忘れない 択捉島出身・三上洋一さん(79) /北海道

親族が択捉島から持ち帰った唯一の石器を握る三上洋一さん=相模原市で

勝者と敗者の関係なく

 終戦直後の1945年8月、旧ソ連が対日参戦し、北方領土を占領した。その後、約3年間にわたって日本人とソ連人が4島で混住していた。15、16両日に山口県などで行われる日露首脳会談で、平和条約締結後の混住について話し合われる可能性もある。約70年前に混住を体験した元島民に当時の暮らしぶりを振り返ってもらい、将来の混住のあり方を考えたい。

 択捉島出身の三上洋一さん(79)=相模原市=は、戦後間もない混住時代のひとときが忘れられない。週末…

この記事は有料記事です。

残り930文字(全文1158文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「元の生活に戻れない」特殊詐欺で無罪確定の大学生 勾留10カ月で留年

  2. ビルから鉄パイプが落下 通行人の26歳男性死亡 和歌山

  3. 桜を見る会 安倍首相の元秘書・下関市長はこう答えた…定例記者会見・一問一答

  4. 「桜を見る会」参加の山口県議ら、ブログ削除相次ぐ

  5. 桜を見る会  安倍事務所名の申込書使い自民・下関市議が「地方枠」で支援者招待

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです