メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

れとろ探訪

金岡団地 /大阪

日本住宅公団の第1号団地として建設された金岡団地。中央の区画にスターハウスが見える=1957年12月撮影

 都市再生機構(UR)の前身、日本住宅公団は、住宅不足の解消と住宅環境の向上を目的に1955年に設立された。最初に建設されたのが堺市の金岡団地で鉄筋コンクリートの4階建てと5階建てが並んでいた。翌年に入居が始まり、2DKの部屋にはダイニングキッチン、ステンレス流し台、ガス風呂、水洗トイレが付いた。洋風の団地生活は当時の「あこがれの的」だったと伝わっている。

 57年12月に撮影された写真の中央には、独特の形をした建物が並んでいる。2DKの3戸が放射状に三方に広がる形が星に見えることから「スターハウス」と呼ばれ、5階建ての中心内側に階段があった。団地のシンボルといえる建物は各戸が独立し、日当たりと風通しも良く、人気のある部屋だった。

この記事は有料記事です。

残り167文字(全文485文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 菅首相「翌月」を「翌日」 コロナ対策本部でまた言い間違え

  2. 文科省、個別入試の中止・変更をけん制 全大学に「慎重な検討」促す

  3. 日医会長「訪日外国人患者受け入れ、可能ではない」東京オリンピック開催に厳しい見方

  4. 新型コロナ 本当にデタラメなのか 河野太郎行革相が批判したNHKワクチン報道を検証した

  5. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです