メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

科学の森

謎多い「オートファジー」 ノーベル賞・大隅氏の研究最前線

 今年のノーベル医学生理学賞の対象となった研究は、生き物の細胞内で起こる「オートファジー(自食作用)」だ。東京工業大の大隅良典栄誉教授(71)が分子レベルで仕組みを解明したが、まだまだ謎は多い。研究の最前線を紹介する。【渡辺諒】

 ●生命活動の基本

 オートファジーは、細胞内の不要なたんぱく質などを分解し、できた物質をたんぱく質の再生産やエネルギー源に利用する仕組みだ。成人では、1日約200グラムの新たなたんぱく質が必要だが、食事で摂取するのは60~80グラムで、残りはオートファジーでまかなう。病原体も分解しており、生命活動を支える最も基本的で重要なシステムだ。

 大隅氏は1988年に酵母を使ってオートファジーの観察に成功。93年には関係する遺伝子14種を発見した。独創的な一連の成果は医学生理学賞の単独受賞に結びついた。ただ、大隅氏が「まだ調べなければならないことはたくさんある」と認めるように未解明な部分は多い。大隅氏の教え子も研究を進めている。

この記事は有料記事です。

残り1013文字(全文1439文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「後任指名はできない仕組み」と反論 学術会議の梶田会長ら初の記者会見

  2. 大阪市財政局、4分割コスト増の試算撤回 市長、厳重注意で 都構想巡り

  3. ORICON NEWS フジ『アウト×デラックス』急きょ当日収録 矢部浩之「扱えないアウトもある」

  4. 本紙報道に維新「誤報」 衆院代表質問 大阪市4分割コスト

  5. 「限界だった」たった1人の介護の果て なぜ22歳の孫は祖母を手にかけたのか

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです