トランプ氏

中国大使にアイオワ州知事 習主席と「旧友」

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 【ワシントン西田進一郎】トランプ次期米大統領は7日、駐中国大使に中西部アイオワ州のテリー・ブランスタッド知事(70)を起用すると発表した。同州と中国は貿易での結びつきが強く、ブランスタッド氏は習近平・中国国家主席を「旧友」と呼ぶなど指導部とのパイプを持つ。台湾の蔡英文総統との電話協議などでトランプ次期政権と中国との対立が予想される中、個人的関係を基に緊張緩和を図る狙いとみられる。

 ブランスタッド氏は、1983年から99年と2011年以降、州知事を務めている。トランプ氏の政権移行チームによると、ブランスタッド氏と習氏の関係は、習氏の地方勤務時代、農業が盛んな同州との関係強化を目指していた1980年代半ばからのものだという。

この記事は有料記事です。

残り246文字(全文561文字)

あわせて読みたい

注目の特集