メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

抗NMDA受容体脳炎

22歳で「卵巣摘出」の宣告 5年越しの過酷な闘病

「悪魔払いされていた病」(2)

 ゾンビのように突然両手を前に突き出し、全身を硬直させる。家族が体重をかけて押さえつけようとしても止められない。唇を突き出したり引っ込めたりを繰り返す――。自己免疫性脳炎「抗NMDA受容体脳炎」の患者に見られる不随意運動だ。以前なら「悪魔に取りつかれた」として祈とう師が扱っていた難病。米国留学中の2011年10月にこの病気を発症した柳恵子さん(26)。卵巣腫瘍との関連が知られているが、MRI(磁気共鳴画像化装置)検査でも恵子さんの卵巣に腫瘍は見つからなかった。

この記事は有料記事です。

残り2327文字(全文2574文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「赤福」が暴力団代紋入り焼酎を製造 浜田会長が辞任 2000年から12年まで納品

  2. クルーズ船「乗船」の神戸大教授が対応批判 菅氏は「感染拡大防止を徹底」と反論

  3. 未明、児相が女児を門前払い 窓口職員「警察に相談を」 神戸

  4. 「中国・武漢で亜硫酸ガスが大量発生 1万4000人の遺体を焼却」という情報は本当か

  5. 大阪・なんばのビル屋上で火災 朝の繁華街、一時騒然

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです