メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

インタビューシリーズ・番組論

/6止 テレビ朝日 見誤らぬため、現場取材幅広く

 民放の報道番組では圧倒的な支持を得るテレビ朝日「報道ステーション」。古舘伊知郎から局アナの富川悠太への12年ぶりのキャスター交代をどう乗り越えるのか。担当プロデューサーの秦聖浩(しんきよひろ)・報道局ニュースセンターチーフプロデューサーに聞いた。

 --番組をどう変えたのですか。

 前身の「ニュースステーション」時代を含めて局アナは初めて。富川のスタイルを守りながら、30年続いた番組のスタイル、信頼感をどう維持するかをスタッフ全員で考えた。富川は報道ステーションで12年間、リポーターとして現場を駆け回った。これが一番の持ち味でポイント。スタジオから現場のリポーターに様子を尋ねるときにも、過去の経験から想像力が働く。客観的な視点を持ちつつ、取材対象に寄り添い、その人の立場にたって考える。メインキャスターが現場に行く機会も増やしている。

この記事は有料記事です。

残り1126文字(全文1496文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 京都府警・木津署長が自殺か 息子の金銭トラブルで報道
  2. レンジで袋ごと温めるポテトチップス発売 開発2年半の労作 カルビー
  3. プロ野球 中日・松坂、腕引かれ右肩炎症 選手の安全か、ファン優先か 警備強化、対応に苦慮
  4. おかあさんといっしょ 「すりかえかめん」も終了 よしお兄さん「だじゃれはアドリブ」
  5. トランプ氏ノーベル平和賞推薦 米から依頼 野党「恥ずかしい」と首相批判

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです