メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

MAINICHI芸術食堂

映画「海賊とよばれた男」 熱い男の壮大な一生 /愛知

 映画は今や、あらゆる時代や場所に私たちを連れていってくれる夢の乗り物だ。VFX(視覚効果)の進化が驚異の映像体験を可能にした。その日本における第一人者である山崎貴監督が、今度は明治末期から昭和56(1981)年まで、実に70年にわたる一人の男の生き様を見せてくれる。映画「海賊とよばれた男」は、実話を基にした壮大な大河エンターテインメント大作だ。

 石炭が主要燃料だった時代に石油の将来性を見抜いていた国岡鐡造(てつぞう)は、北九州の門司で石油販売…

この記事は有料記事です。

残り759文字(全文983文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. テレ朝報道番組「スーパーJチャンネル」でやらせ スーパーの客5人はディレクターの知人、関係者だった

  2. 独り暮らしの母犠牲「悔やみきれない」駆けつけた息子、手縫いの品見つめ 福島・本宮

  3. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  4. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  5. 台風19号で浸水の北陸新幹線 120両が心臓部被害で廃車か 被害額は330億円

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです