青少年読書感想文コンクール

県審査(その1) 入賞作98点決まる /滋賀

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
滋賀県内の教諭らが集まって開かれた青少年読書感想文コンクールの審査会=大津市の県立図書館で、山本直撮影
滋賀県内の教諭らが集まって開かれた青少年読書感想文コンクールの審査会=大津市の県立図書館で、山本直撮影

 第62回青少年読書感想文全国コンクール(全国学校図書館協議会・毎日新聞社主催、内閣府・文部科学省後援)の県審査会(県学校図書館協議会など主催)が行われ、入賞作品計98点が決まった。内訳は優秀賞10点▽優良賞17点▽佳作71点。優秀賞の作品は中央審査会(全国コンクール)に送られ、来年2月に選考結果が発表される。

 今回は県内で小学校2万6559点(222校)▽中学校2万5090点(102校)▽高校5188点(13校)--の計5万6837点(計337校)の応募があった。

この記事は有料記事です。

残り932文字(全文1167文字)

あわせて読みたい

注目の特集