メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

金言

日米和解の深化願う=西川恵

 <kin-gon>

 米大統領と日本の首相による広島平和記念公園と真珠湾の戦艦アリゾナ記念館の相互訪問が輪郭も見せていなかった2年余前、元駐米大使の故栗山尚一氏に「相互訪問が行われるとしたら」との仮定で取材したことがある。

 同氏が指摘したのは未来志向で、ということだった。「謝罪はもう日米間ではすんだ話です。相互献花は一緒に平和を祈り、手を携えて歩いていこうというものにすべきです」。残念ながら同氏は昨年4月、オバマ大統領の広島訪問を知る前に亡くなった。

 安倍晋三首相の真珠湾訪問が発表された翌日、夫人の昌子さんから「夫が長く望んでいた(日本首相の)アリゾナ記念館への慰霊が決まり、喜んでいると思います」とメールが届いた。その昌子さんも毎年この時期になると、思い出すことがある。

この記事は有料記事です。

残り675文字(全文1014文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ファミマ・お母さん食堂に異議 声上げた高校生に「慎吾ママ」生みの親がエール

  2. GoTo客受け入れ8宿泊施設で5人以上感染 10月下旬までに 情報公開請求で判明

  3. 二つの支持率が占う菅政権の今後 政権運営力低下を無情にも示すその「差し引き」

  4. トランプ氏の弾劾裁判、「2月第2週」開始 上院の民主と共和が合意

  5. 新型コロナ 本当にデタラメなのか 河野太郎行革相が批判したNHKワクチン報道を検証した

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです