メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

福島原発

東電の事業再編明記 処理費倍増の21.5兆円

福島第1原発の事故処理費用の詳細

有識者会議「東電委員会」 東電への提言案骨子をまとめる

 経済産業省は9日、東京電力の経営再建策を検討する有識者会議「東京電力改革・1F問題委員会」(東電委員会)を開き、東電に対する提言案の骨子をまとめた。福島第1原発事故の処理費用が現状の約11兆円からほぼ倍増するとの試算を公表。これらの費用を確保するために、東電に原子力や送配電事業の再編・統合を求め、収益力を高めることを明記した。提言内容は、2017年初めに東電などが作る再建計画に盛り込まれる。

 経産省が示した福島第1原発事故の処理費用の見積もりは計21.5兆円。内訳は、廃炉=8兆円(13年時…

この記事は有料記事です。

残り499文字(全文774文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. リーチ・マイケル主将「台風で亡くなった人たちの家族に勇気与えられたと思う」

  2. 「きょうはただの試合ではなかった」 日本代表、台風の被災者に心寄せるコメント相次ぐ

  3. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  4. 路上生活者、台風19号の避難所入れず 台東区「住所ないから」

  5. ラグビーW杯 台風19号で試合中止のカナダ代表、釜石で土砂除去などボランティア

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです