メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

滋賀

近江兄弟社小、新入生募集停止へ 戦後教育のモデル

2018年度からの新入生募集を停止する近江兄弟社小=近江八幡市浅小井町で2016年12月8日午後0時15分、金子裕次郎撮影

 滋賀県内唯一の私立小学校である近江兄弟社小(近江八幡市浅小井町)が、2018年度から新入生の募集を停止する方針を決めた。運営する学校法人ヴォーリズ学園の藤沢俊樹副理事長が毎日新聞社の取材に答えた。児童数(今年度153人)が定員(432人)を大幅に下回る状況が続いていた。藤沢副理事長は「地域で私立小学校への期待が大きくない」と語り、17年度の入学生が卒業する23年春以降は同校を廃校することも示唆した。廃校となった場合でも学童保育などで校舎の利用は続け、学区域を越えた児童教育に活用する方針という。

 同小は1947年に開校し、公立学校関係者が視察に訪れるなど戦後教育のモデルにもなった。98年に1学…

この記事は有料記事です。

残り402文字(全文702文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 桜を見る会 安倍首相の元秘書・下関市長はこう答えた…定例記者会見・一問一答

  2. 桜を見る会  安倍事務所名の申込書使い自民・下関市議が「地方枠」で支援者招待

  3. 富山・朝日町教委、竹田恒泰氏講演中止 「教育勅語広める」授業に批判

  4. 桜を見る会前夜祭で首相説明「費用の明細書ない」「800人参加」「食事代の領収書ない」

  5. 悲願の憲法改正を次に渡すのか 「疲れた」首相が秘める終わり方の真意

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです