メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

世田谷区

同性カップル宣誓40件 制度開始13カ月で /東京

 世田谷区が宣誓書を提出した同性カップルを「結婚に相当する関係」と認め受領証を発行する「パートナーシップの宣誓」は、昨年11月の制度開始から約13カ月間で40件に上った。保坂展人区長が9日の記者会見で明らかにした。保坂区長は宣誓者らへのアンケート調査結果も公表し「制度は相当な効果があった。当事者の声も聞き政策に反映させていきたい」と述べた。

 この宣誓制度では、法的な夫婦ではなくても区の受領証があることで、携帯電話の家族割引が適用されたり、一部の生命保険会社でパートナーが生命保険の受取人になることが可能になったりする。

この記事は有料記事です。

残り347文字(全文608文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 海からイノシシ、窒息死させて返り討ち 長崎の50代男性に警察官もビックリ

  2. 声優の後藤淳一さんがバイク事故で死亡 「名探偵コナン」など出演

  3. 難病を紹介する動画 人気声優が拡散に一役

  4. トランプ氏「感染者が日本から帰国、聞いてない」 高官に当たり散らす 米紙報道

  5. CAEBV 娘奪った病気知って 感染判明まで1年超 声優・松来さんの両親、難病指定訴え

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです