メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

全盲記者・岩下恭士のユニバーサロン

録音図書 エジソンのおかげ /東京

 12月6日は、日本オーディオ協会が定める「音の日」。1877年の同日、トーマス・エジソンが音を記録、再生するフォノグラフ(錫箔(すずはく)蓄音機)を発明したからだ。これを前に3日、目の不自由なオーディオファンに蓄音機の音色を楽しんでもらう鑑賞会が、川崎市視覚障害者情報文化センターで開かれた。

 講師を務めた佐々木幸弥さん(53)は、自身も弱視ながら、浜松市の大手楽器メーカーで音響技術の開発に従事。その傍ら武蔵野美術大で音響文化論も教える人物だ。当日使用した英グラモフォン社の蓄音機や、演奏されたSP盤レコードは、佐々木さんのコレクションだ。

 サラサーテの自作自演による「チゴイネルワイゼン」や、国内初の録音盤箏曲(そうきょく)である「六段」…

この記事は有料記事です。

残り538文字(全文860文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 米朝首脳「そっくりさん」大阪入り 「サミット成功願うよ」
  2. 埼玉県に9200万円賠償命令 訓練中の機動隊員溺死
  3. 三原じゅん子議員「愚か者の所業」って…「謙虚さ忘れた圧政者」と批判
  4. ノロウイルスで0歳男児が死亡 岐阜・各務原
  5. 韓国軍の竹島訓練に外務省抗議「あきれるほど無神経」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです