メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

養子あっせん法成立

届け出制から許可制に

 親が育てられない子どもの養子縁組をあっせんする民間事業者を規制する新法は9日の衆院本会議で全会一致で可決、成立した。与野党による議員立法で、2年以内に施行される。悪質な業者を排除するため、届け出制から、都道府県の審査が必要な許可制に改めるのが柱。ばらつきのあった事業の質を向上させ、事業者と児童相談所が連携して養子縁組を推進する。

 同法は、あっせんは可能な限り国内で行うよう規定。養親希望者との金銭トラブルが相次いでいることから、…

この記事は有料記事です。

残り233文字(全文449文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 拳銃置き忘れの女性巡査長に停職1カ月 風俗店でバイトも 依願退職

  2. 女性巡査が「出会い系」通じ男性と交際、懲戒処分に 山口県警

  3. 人生は夕方から楽しくなる 政治ジャーナリスト・田崎史郎さん 「地獄」見たからこそ、分かることがある

  4. 菅原経産相指示「この人はカニ、この人はイクラね」 立憲が元秘書の音声データ公開

  5. 下関署の女性巡査が福岡の風俗店でバイト 減給処分受け依願退職

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです